松江夜楽塾 ~神職・住職の興味深い語り~

出雲地方の神話などを神職・住職が語る「松江夜楽塾」。松江城二の丸の太鼓櫓(やぐら)を特設会場に開催。水都の秋の夜を彩る松江水燈路に合わせ、光と闇の幻想的な雰囲気の中、地域の歴史を肌で感じていただけます。

チラシPDF(836kb)ダウンロード


松江夜楽塾 ~神職・住職の興味深い語り~

 ■9月19日(土)
 長浜神社(出雲市)/秦和憲宮司。
 「国引き神話と出雲国風土記の謎」について紹介します。

 ■10月3日(土)
 売布神社(松江市)/青戸良臣宮司。
 「中世の松江に」について語ります。

 ■10月110日(土)
 清水寺(安来市)/清水谷善圭貫主。
 「出雲で初めて生まれた神仏和合の巡拝路の誕生経過」について説明します。

 ■10月17日(土)
 万九千社(斐川町)/錦田剛志禰宜(ねぎ)。
 「出雲大社の誕生の由来や構造」について解説します。

 

・各回とも午後7時から45分間。
・予約が必要で定員40人(先着順)。
・申し込みは松江商工会議所、電話0852-32-0504