第9回合同祭事・世界平和祈願祭 出雲大社

今年で9回目となる出雲國神仏霊場合同祭事・世界平和祈願祭は、60年ぶりとなる平成の大遷宮が成った出雲大社で、大遷宮奉祝も合わせて6月2日(日)に執り行われました。

参道参進
祓所で祓いを受け、祭場に向けて霊場社寺座員が参道を参進しました。
八足門前参進 大勢の参拝者が見守る中、八足門より御垣内に入ります。
宮司祝詞 祭事が始まり、楼門前にて斎主・名誉座長出雲大社千家宮司による祝詞奏上が行われました。 座員一同、座後にて列拝します。
巫女神楽 楼門にて巫女神楽が奉納されます。
となえことば奏上"
斎主千家宮司に合わせ、神社座員によるとなえことば奉唱です。
       表百奏上 座長清水寺・清水谷貫主に合わせ、寺院座員による表百・となえことばが奏上されました。
参拝者となえことば奏上"
列席された方々も合わせて、となえことばを奉唱されました。
尺八奉納 保存会の方々による尺八の演奏が奉納され、厳かな音色が響き渡りました。
        溝口島根県知事 溝口島根県知事からご祝辞を戴きました。
        藤井鳥取県副知事知事 藤井鳥取県副知事からもご祝辞を戴きました。
座員退出 祭事が終わり、座員が八足門より退出していきます。
鳥居より退出 拝殿を背に鳥居より退出していきます。


この日は前夜から降っていた雨も朝方には上がり、穏やかな祭礼日和となりました。
大遷座祭の日より続く奉祝行事もあり、大勢の参拝者が見守る中、今年の神仏霊場合同祭事・世界平和祈願祭も無事斉行することが出来ました。