第十回出雲國神仏霊場合同祭事~世界平和祈願祭・賣布神社



第10回 出雲國神仏霊場合同祭事~世界平和祈願祭
賣布神社



今年で第10回目となる出雲國神仏霊場合同祭事~世界平和祈願祭は、平成26年4月19日(土)に松江市の第6番霊場・賣布神社で執り行われました。

行脚1

合同祭事恒例の関連行事・行脚巡拝は十一番霊場清水寺より、雲樹寺や平濱八幡宮武内神社等幾多の社寺を参りながら賣布神社まで巡拝しました。

能義平野  清水寺から賣布神社まで約30㎞
能義平野をゆく  広い能義平野の中をひたすら歩きます。
参拝  途中の社寺で参拝を行いました。
参進祓い

参加社寺座員と大井櫂伝馬行列(ホーランエンヤ)の一行が、本祭事にむけ賣布神社の対岸より参進を行うため祓いを受けます。

大井櫂伝馬行列

陸ホーランエンヤの行列が、社寺参進に先立ち出発します。

<左の写真をクリックすると拡大画像になります>

松江大橋参進"

大橋川にかかる松江大橋の上を神職・僧侶が朱傘をかざされて参進をしてゆきます。

<左の写真をクリックすると拡大画像になります>

 
商店街参進

賣布神社横の商店街を櫂伝馬行列がホーランエンヤの掛け声とともに練り歩きます。

座員参進  各社寺座員も商店街を参進してゆきます。
ホーランエンヤ奉納

陸ホーランエンヤ行列が賣布神社に奉納のため参進してきました。

   <左の写真をクリックすると拡大画像になります>

 ホーランエンヤの奉納後、平和祈願祭が始まりました。
 神職列拝・となえ言葉奉唱。
 僧侶列拝・般若心経奉唱。
 参列者皆様による玉串拝礼です。


この日の天気は薄曇り程度でやや肌寒く風が強く心配されましたが、一時橋の上等で朱傘を閉じる事があったものの無事に参進をすることができました。
本祭では、溝口島根県知事、林鳥取県副知事をはじめ多くの方々にご参列いただき、世界中で各種の紛争やテロが多発する中、遍く人々の平和と安全を願い宗派を超えてお祈りをいたしました。