[第三番]一畑寺

前の社寺 次の社寺 トピックス マップ

一畑薬師は、出雲神話の国引きで名高い島根半島の中心部、標高三百メートルの一畑山上にある。「目のお薬師さま」として、古くから全国的に知られ、千三百段余りの石段(参道)でも有名である。

 

 い ち ば た じ (い ち ば た や く し)

一畑寺(一畑薬師)

〒691-0074 島根県出雲市小境町 803番地
Tel:0853-67-0111 Fax: 0853-67-0115
ホームページ 
http://ichibata.jp/


 一畑薬師は、出雲神話の国引きで名高い島根半島の中心部、標高三百メートルの一畑山上にある。「目のお薬師さま」として、古くから全国的に知られ、千三百段余りの石段(参道)でも有名である。宗派は禅宗(臨済宗妙心寺派)、また一畑薬師教団の総本山として全国に約五十の分霊所がある。創開は、平安時代寛平六年(八九四)、一畑山の麓、日本海の赤浦海中から漁師の与市が引き上げた薬師如来をご本尊としておまつりしたのが始まりで、与市の母親の目が開いたり、戦国の世に小さな幼児が助かったことから、「目のやくし」「子どもの無事成長の仏さま」はじめ、諸願に霊験あらたかなお薬師様として篤く信仰されている。武家の時代には歴代の領主の祈願所として寄進・安堵を受け、ゆかりの品々も数多く残されている。全国から年間七十万人余の参拝があり、日々のご祈念、例月祭、座禅会、団体研修、茶会、奉納音楽祭など年間を通してさまざまな行事がある。
 

 
鐘楼堂にかかる紅葉               仁王門の新緑

 
境内からの眺め(大山)           境内からの眺め(朝日)



社寺の名称
医王山 一畑寺 (いおうざん いちばたじ)  通称 一畑薬師
所属・宗派 (1)臨済宗妙心寺派
(2)一畑薬師教団総本山
本尊 薬師瑠璃光如来(本尊)、他に観音菩薩、釈迦如来など
創建・開創 寛平六年(AD894) (元は天台宗であった)
ご利益 眼病平癒、当病平癒、子供の無事成長
その他 家内安全、身体健全、安産、学業向上、子授、交通安全、商売繁盛、
心願成就、先祖供養、水子供養、厄除
祈りの言葉 オンコロコロ センダリ マトウウギ ソワカ (薬師真言)
御詠歌 目のくもり やがて晴れゆく 医王山 これぞ日本 一畑の寺

薬師本堂(秘仏薬師如来をまつる信仰の中心)
観音堂(中国観音霊場、出雲観音霊場の札所)
八万四千仏堂(たくさんの仏像がまつられている)
本坊・書院庭園 (予約で拝観が出来る)
本坊書院襖絵 開基絵巻物、など
境内からの眺望は、宍道湖を眼下に、大山、
三瓶山など中国山地の山々を一望できる
 

 

今からおよそ1100年前の寛平6年(894)、一畑寺の麓、日本海岸の坂村に与市という漁師がいた。
盲目の母親と二人暮らしであった与市は、ある日何気ないことから金色に輝く薬師如来を海中より引き上げた。この後、与市の家には不思議なことが相次いで起こり、夢に薬師如来のお告げを受ける。

与市は、母親の眼病を治すために、千把の藁を身にまとい、近くの百丈が滝から飛び降りてお告げを実行しようとする。村人はこれをなだめ、母親もこれを聞き、何とか思いとどめさせようと無我夢中で走り出す。果たして与市は飛び降り、千把の藁はバラバラになって転げ落ちていった。気がついてみると、大きな石の上に安座した与市の体に怪我はなく、我が子の身を案じて駆け寄った母親の目はしっかりと開いていた。
 
その後、与市は、目の前が開けたこの地を選び、四間四面のお堂を建てて如来をご安置し、自らは比叡山に上り出家をして名を補然と改めた。寺はもともと医王子と称し、天台宗だったが、正中年間、禅風と共に臨済宗に変わり、一畑寺と改名した。以来、疫病平癒の勅命を頂いたり、尼子、毛利、京極、堀尾、松平と代々のこの地の大名から寺領を受け、加護も賜った。ゆかりの品々も多く、寺宝として今日に伝えられている。長い歴史を通じて、お薬師さまの御利益を信仰する沢山の人々の力によって守り伝えられた信仰の寺である。 


主な行事
神役(しんやく) 毎月8日11:00~13:00
奉納舞踊、大般若祈祷、管長法話、うどん接待
修正会・初詣 大晦日~正月3日
開運星まつり 1/8 11:00~
年最初の「ようかさん」。全国の信者の開運と吉祥を祈る。
春季大祭・花まつり・眼病平癒当病平癒特別祈願祭 4/8 11:00~
一畑薬師如来が奉安された日、仏教開祖のお釈迦様の降誕の日
二才児まつり・四才児お礼まいり 4/28~5/8(GW期間中) 
子どもの無事成長を祈願する家族ぐるみのお祭り
八万四千仏供養祭 6/8 11:00~
盆供養祭 8/8 11:00~
夏休み子ども体験道場 8月後半の1泊2日
小学生がお寺の生活体験を通して、宗教的情操と道徳の心を学ぶ。
一畑薬師茶会 9月第一土曜日曜 
書院と茶室東陽坊を全面開放、地元茶道各流派による茶会が開催。
秋季大祭・おえしき・眼病平癒当病平癒特別祈願祭 9/8 11:00~
めがね供養祭 11/8 11:00~
古札供養祭 12/8 11:00~


参道の石段

 
 


 
二才児まつり 四才児お礼まいり(GW中)      薬師本堂の大提灯

一畑薬師の例月祭「ようかさん」
 毎月8日は薬師如来の縁日・例月祭「ようかさん」(午前11時~)

   


所在地と周辺地図


トピックス


子どもの無事成長を願う一畑薬師の伝統行事(GW期間中/4月29日~5月5日)

一畑薬師では年3回の一泊坐禅会を開催しています。