巡拝のすすめ



動画でも見ることができます


神仏を訪ねる巡拝の旅には、最低限のマナーとエチケットをもって臨んでいただきたいものです。
そこでここでは、巡拝の基礎知識ともいえるマナーをご紹介いたしましょう。

 

巡拝の時の服装や持ち物は?

神仏霊場では特に着るものを定めておりませんが、神仏にお参りをするのですからあまりだらしない格好にならないように注意が必要です。お参りの時には帽子やサングラスはお取りください。
なお、石段や境内は雨やコケで滑りやすく、奥に入れば急な坂や山道もありますので、ハイヒールやサンダルではなく、歩きやすいクツ、スニーカーなどをお勧めします。


巡拝の前には手水(てみず/ちょうず)を

お参りの前には手水(てみず/ちょうず)で両手と口を清めます。

まず左手を清めます
 
持ち替えて 次に右手
 
ひしゃくは口につけない

ひしゃくは清潔に。次に使う人の気持ちになって大事に扱いましょう


巡拝の時には


お賽銭は投げないで
丁寧に入れましょう

それぞれの神社やお寺の
決まりに従い祈ります


    ●神社では拝礼(二拝二拍手一拝)、 神拝詞(しんぱいし)
                     ※出雲大社では二拝四拍手一拝
    ●寺院では合掌礼拝、読経(般若心境・真言など)


巡拝の後には

お参りの後に、記念撮影、授与品などをもとめます。 神仏霊場巡拝の証として、朱印と御縁珠を受けましょう。


その他の心くばり  
おみくじやお札は決められたところへ 勝手に入っていかない
勝手に物を持ち帰らない

ゴミを捨てない

飲酒や大声は慎む 人の迷惑にならない




動画で見る


人の「ご縁」を大切に、マナーを守って楽しい巡拝の旅を!