出雲國神仏霊場合同祭事 第6回世界平和祈願祭の画像ダイジェスト 


出雲國神仏霊場合同祭事 第6回世界平和祈願祭


出雲國神仏霊場合同祭事・第6回世界平和祈願祭は今年で6回目となり、松江開府400年祭とも併せ、松江の月照寺で行われました。

また来年は月照寺の属する浄土宗の宗祖「法然上人800年大遠忌」にあたり、総本山知恩院より法然上人の御分身の行道を戴き、法要を行いました。

さらにこの霊場巡拝が島根・鳥取両県にまたがる中海宍道湖圏域の交流・観光推進にも寄与することが期待され、多くの自治体・政経済界関係者の御出席もいただきました。



入場者
本祭事開始に向け、たくさんの方々にお集まりいただきました。
不昧公の廟前に祭場が設けられ、まず寺院座員の祭場への入堂です 寺院入堂
神社入堂 神社座員の入堂です
祭事開始の法要です
開始法要

献花
この画像を拡大する
お稚児さんによる献花が行われました
まず仏式による四奉請散華が行われました。
散華
寺院座員が列拝し、副座長による表白奏上に続き、寺院座員全員により般若心経が唱えられました 表白
祝詞
次に神社座員が列拝し、座長による神式の祝詞奏上のあと、神社座員全員により唱え言葉が奉じられました

世界平和と中海宍道湖地域の交流・発展を願い、溝口島根県知事の焼香です

知事
山陰両県の連携が大きく叫ばれるなか、藤井鳥取県副知事による焼香です
副知事
助言をいただいている顧問関係者による焼香です
顧問

先達「
この画像を拡大する


この度、率先して出雲國神仏霊場巡拝に協力・推進していただいている方に「先達」の称号がが授与されることとなり、その第1号として松江市の「出雲國神仏霊場巡拝の会」世話人、神庭嘉孝氏に授与されました。
たくさんの方々に参列していただきました。
参列者
この画像を拡大する
御供え
この画像を拡大する


各社寺から地元の名産品の御供えがありました。